金子ゆかり学歴

1977年3月
長野県諏訪二葉高等学校 卒業
1981年3月
慶応義塾大学法学部政治学科 卒業
2005年3月
早稲田大学大隈記念大学院公共経営研究科修了(専門職学位:公共経営学修士)
・修士論文
「地方分権時代における地方議会の復権と責任」-追随機関から自主自立機関へ-
・研究論文
「地方自治と男女共同参画社会条例―『長野県男女共同参画社会づくり条例』
制定過程にみる諸問題」国際文化研究所紀要代10号掲載(飯倉章教授と共著)

経歴

1981年3月
(株)服部セイコー(現、セイコーホールディングス株式会社)入社
  (国内営業、輸出入業務、ベンチャー事業、役員秘書など)
1944年11月
県議会議員(金子松樹)秘書
1998年1月
(社)諏訪青年会議所理事(まちづくり委員長)
1998年2月
長野オリンピック通訳ボランティア(アメリカ選手団)
1999年4月
ながの県議会議員 当選(1回)
2004年2月
スペシャルオリンピックス ノルウェーチーム付き
2007年4月
長野県議会議員 当選(2回)
商工観光環境委員会委員、総務企画警察副委員長、文教企業委員会委員長、農政林務委員会委員
2011年4月
長野県議会議員 当選(3回)
長野県議会 危機管理建設委員会委員、農政林務委員会委員長、健康福祉委員会委員
「県政ながの」(会派)政務調査会長
男女共同参画社会づくり推進議員連盟幹事長、 子育てと子どもの環境整備議員連盟事務局長、 がん対策推進条例制定検討調査会幹事長、 総合安全保障問題調査議員連盟幹事、 がん征圧議員連盟副会長、 水産業振興議員連盟理事、 スポーツ振興議員連盟幹事、 文化芸術議員懇談会幹事、 地域経済活性化議員連盟副幹事長、 山岳環境保全対策議員連盟理事、他議員連盟所属多数
2015年4月
長野県議会議員辞職
諏訪市長選出馬・当選1回
2015年4月
諏訪市長就任
2019年現在
全国市長会:評議員、社会文教委員会副委員長、まちひとしごと創生対策委員、危機管理特別委員会委員、都市税制調査委員、廃棄物処理対策委員、介護保険対策委員、等
-----------------------------------------------------------------------
その他
・公益社団法人北澤美術館理事
・一般財団法人片倉館理事
・諏訪赤十字病院経営審議会委員長
・長野県ペタンク連盟顧問
・諏訪市華道会常任理事
・峯心会(日本武道空手道連盟加盟)顧問
・諏訪包友調理師会顧問 、など

ゆかりんのいろいろ

趣味等
華道(星月古流松峯派教授:華名 陽鳳庵金子一紫)
スポーツ観戦(ラグビー・野球・テニス・バレーボール・フィギュアなど)
落語・芸術鑑賞、睡眠ing 
料理(意外にも@!銀座三笠会館クッキングスクールの終了証を持っている)
庭の草取り、旅行、国際交流 等
座右の銘
「心を尽くして名を求めず」
「大きな耳」
好きな言葉
「世界は広い、宇宙はもっと広い。もっともっと広いもの、それは 『人の心』だ」
「で~っかい夢をもたにゃー、いかんぜよ」(坂本竜馬)
好きな俳優
西村雅彦、トム・クルーズ
好きな
アーティスト
サザンオールスターズ、ユーミン、ボズ・スキャッグス、
ディオンヌ・ワーウィック、古今亭志ん朝、柳家小三治
サイトウキネンオーケストラ

YUKARI KANEKO

金子ゆかり(かねこゆかり)
1958(昭和33)年8月28日
長野県諏訪市生まれ
おとめ座
血液型A型





ページのトップへ戻る
 KANEKO YUKARI